12.21(日)「ネロの木靴」を通じていのちと希望について考える

ネロの死は自殺だった! 思わぬことからネロの死の真相を知ったアロアは、その原因へとさかのぼる苦悩の旅を開始する。 講演:臼田夜半(うすだ よはん) 平成26年12月21日(日) 【時間】 13:30~16:00 (開場13:00) 【会場】 里山デザインファクトリー 【申し込み方法】 携帯:080-1009-6222 (勝又)  メール: comorebi@bird.email.ne.jp (中橋) 【主催者】 「ネロの木靴」講演会実行委員会 詳細:

厨房の床リフォーム

11月12日、水曜日。 SDFの厨房の床は広範囲で基礎部分が腐食していて床がベコベコしていました。 11/1のAwa Belly Dance Festivalの直前、ガス代の下の床が遂に落ちてしまい、ガス代が斜めに… ガス代 ↓ そこで大家さんが修理を依頼してくれて、ガス代を移動することになったのですが、そのために厨房の真ん中にある台を移動。 すると、台の下の床もベコベコだと分かり… 厨房の中心にある台 ↓ そちらの床も修理をすることに…。 修理屋さんが床材を剥がした後、クリスが消石灰を床下に撒きました。これで湿気も多少緩和されるはず…    

11.30(日)鴨川9条の会・ドキュメント『9条を抱きしめて』上映会

●イベント内容 『9条を抱きしめて~元米海兵隊員アレン・ネルソンが語る戦争と平和』DVD上映 ~ ネルソンさんはなぜベトナムに行き、そこで何を見たのでしょうか? ~ DVDを観て、アレン・ネルソンさんが伝えたかったことについて、、 戦争がもたらすものについて参加者の皆さんで話しあい、私たちにできることは何かを考えましょう。 ●主催 鴨川九条の会 ●開催日 11月30日(日) 13:30~15:30(DVD上映50分、意見交換1時間ぐらいとインフォメーション) ●場所 里山デザインファクトリー ●参加 申し込みは不要.参加無料 ●お問い合わせ 鴨川9条の会 世話人代表 手塚(090-2309-8591)まで

11月の運営ミーティング

11月6日、木曜日。 今日はSDFの運営メンバーが集合してのミーティングがありました。 メンバーの斎藤さんから「ラーメンの試食会をしたいので夕食は控えめに!」 というメッセージが入り、楽しみにしていました。 斉藤さんは今ラーメン作りを学んでいるのですが、今日はなんと斉藤さんの師匠(元横浜中華街の某有名店の副料理長)が自ら作ってくれるという贅沢な状況! ラッキー過ぎる♪ これが試食に出された坦々麺。やっぱりめちゃくちゃ美味しかった~! ラーメンを堪能しつつも真面目な話もしっかりしました。 SDFはオープンして間もないですが、今月から来月にかけて既に4組の予約が入っています。 施設利用規約やレンタル料金、会計の仕方などを確定する話し合いをしました。 今後、このようなミーティングを少なくとも月に一回やっていく予定です。 ちなみに、ラーメンの試食会も今後定期的に行われる予定…^^ We had a staff meeting today at SDF. One of the members, Saito san is studying to become a ramen chef, and he had us sample ramen (tantan-men) which was made by his teacher. It was amazing! We look forward to the open […]

看板づくり その4 ~照明のデザインと試作~

10月30日、木曜日。 今日はChrisが夜でも看板が見えるよう、看板を照らすための照明を作り始めました。 条件は長時間バッテリーで光る(その内太陽電池に変える予定)、低予算の照明。 デザインはクリスが考えて部品をホームセンターで購入。 そしてYvesのアドバイスをもらいつつ、電子工作。 電球につながる針金を切って、隣の針金とハンダごてでつなぐ。 9つLEDの照明を並べ、さらに光が強くなるようにステンレスのテープで光を反射させるようなデザインにしたようです。 バッテリー(左の黒い物体)は以前クリスが電子工作にハマった時に買ってあった物。 ひとつ完成したので、早速看板に当ててみました。 おお~、効果絶大! これを4つ作れば、文字とポスター部分を両サイド共照らすことができます!    Chris made some LED lights to light the sign at night.

看板づくり その3~文字とポスターの貼り付け~

10月29日、水曜日。 看板づくりも3日目に入りました。 白いペンキで塗った板にはA3サイズのイベント用ポスター(プラスチックケースに入れて防水加工したもの)を張れるようにしたいのですが、問題はどうやって? 近所にあるホームセンターに行ってあれこれ思案していたら、こんな便利な物を発見!コの字になっているプラスチックの棒。   それを屋外用接着剤で白い板に張って、ポスターをスライドして入れるとバッチリ♪ ポスターを固定するために片側に木の棒を取り付けました。 そして白い板を柱の両側に固定。    板と板の間に木の棒をかまして、板同士もしっかりと固定。 次はいよいよ、昨日レーザーカッターで刻んだ文字の貼り付け。 板に貼る時に文字間や高さなどを一文字ずつ調整しなくても良いように、敢えて下の棒を残したクリス。ナイスアイディア!   文字とポスター、貼り付け完了! 同じプロセスを反対側でも繰り返し… 左が鴨川方面から見た場合。右が保田方面から見た場合。   接着剤がしっかり乾いた頃、クリスが文字の下の棒をカンナとトンカチで切り落としました。これで文字部分は完成!   まだ看板自体は完成ではないけれど、とりあえずはSDFがここだと分かるようにはなりました! 次の課題はどうやって夜も見えるようにするか… 何せ、11/1のAwa Belly Dance Festivalは夜のイベント。 辺りは真っ暗で見過ごしてしまう可能性も… 残された2日間でどこまでできるのか? 看板づくりはまだ続きます… The Satoyama Design Factory sign making project is coming along nicely. Today, Chris and I glued the letters (cut out yesterday, using the laser cutter) onto the […]